気づきの講座(19)破壊的質問講座

これまで一番参加していた破壊的質問のセミナーを自分で講義することができました。内容は何回も出席していたのですが、これまで聴く側から教える側になって、いろいろ発見がありました。できるだけ、具体例を示しながら、意図を持って質問すること、デモンストレーションの15分コーチングでも、解決策に誘導せず、じっくり傾聴しながら考えてもらうことにフォーカスしました。 #気づきの講座

気づきの講座(18)営業質問講座

営業に必要なのは、顧客を気分良くさせる質問をすることだそうです。例えば、「今の仕事の一番のやりがいは何ですか?」とか、「その分野で仕事を始めようとしている知り合いがいるのですが、何かアドバイスをもらえませんか?」、「今のお仕事の、次のトレンドは何だと見ていますか?」、「仕事で体験した中で、一番おかしな出来事、笑えた出来事を教えてください。」など、いろんな質問をすることで、相手が話す機会を与えることが、気分を良くさせます。また、見込客と同じような状況の人々が抱える問題を一般論で指摘することも重要です。直接、何が足りない、どこが悪いと言ってしまうと気分が悪くなります。その問題が見込客の場合どうかを考えてもらい、例を使って問題の解決を提案します。例えば、家のリフォームなら、「壁が汚い」、「ドアの建てつけが悪い」と言うよりは、「皆さん耐震については心配されています。あなたどうですか?」と一般論で話した方がいいのです。 #気づきの講座

気づきの講座(17)マニュアル作成講座

マニュアル作成の講座に出ました。経験知・暗黙知を共有するためのセミナーをしているのですが、そこからノウハウだけをマニュアルに落とすのが簡単でないのと、作ってもすぐに陳腐化して読まれないケースが多いからです。セミナーでは、基本的なテンプレートや、要件定義のまとめ方などを習いましたが、チュックリストやFAQ(よくある質問)をまとめるのもマニュアルであるという気づきがありました。また、定型業務、非定型業務、ノウハウなどの中身と、担当者の力量・スキルにあったフォーマットを使うことが大事です。 #気づきの講座

気づきの映画(21) ストレスを取り去る涙の力 ――涙、涙。必ず泣ける映画7選

Study Hackerに寄稿しました。 ストレス解消したいとき、みなさんは何をして過ごしますか? 実は、涙にはストレス解消、気持ちをすっきりさせる効果があるそう。涙を流すと、ストレスを感じたときに生成されるコルチゾールというホルモンが減少することが分かっています。また、泣くことは副交感神経を活性化するため、眠っているときと同じくらいリラックスできるという効果もあるのです。 いくら涙が良いとは言っても、最近泣いてないなあ、という人もいることでしょう。ストレス解消には、情動による涙、つまり感動などで気持ちが揺さぶられたときに流す涙が効果的なので、ぜひ感動の涙を流してみませんか? 気持ちいいほど泣いて、気分転換できる映画を7本紹介します。 アイ・アム・サム 主人公のサムは、スターバックスで働く知的障害者です。サムとホームレスの女との間に生まれたルーシーの育児に協力したのは、ひきこもりピアニストのアニーと、サムと同じく知的障害を持つ仲間男性4人。 父親としての養育能力がないとソーシャル・ワーカーに判断され、ルーシーとの中を引き裂かれてしまったサムは、ルーシーの養育権を取り戻そうと弁護士のリタに依頼します。サムの奮闘ぶりとルーシーの演技が、涙を誘います。 ◇ I am Sam アイ・アム・サム [DVD](Amazon) グラン・トリノ 自動車工のポーランド系米国人コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、妻を亡くしたのち、愛車グラン・トリノ(フォードの車種のひとつ)を誇りに、デトロイトで一人暮らしを続けますが、息子たちには嫌われ、隣人にも心を開けず、限られた友人と交流するだけの寂し

コーチングのバリュー(56)「これからは取締役会も要求する「コーチング」によるマネジメント育成」

Business Nomad Journalに寄稿しました。 【マネジメント】インテルで学んだグローバルリーダーシップ論 第10回:これからは取締役会も要求する「コーチング」によるマネジメント育成 これまで、インテルやIT業界、現在行っているコーチングの手法やスタートアップでの具体例についてお話ししてきました。インテルの執行役員だった筆者が昨年退職してからのノマド生活と今後の計画についてお話しする前に、これからのコーチングのトレンドについてお話したいと思います。 これからは取締役会がコーチングを要求する 米国では、勝利に執着しすぎる激しいCEOや、スタートアップの未熟な経営層には、取締役会がコーチングを受けるように勧めることが増えました。上級リーダーになればなるほど、人の言う「不都合な真実」に耳をかたむけ、批判を激怒しないという態度が必要になってくるためです。 ガバナンスの観点からも、リーダーが傾聴のスキルを身に着けていないと、悪い情報が報告されないリスクがあります。社外取締役のように、米国のトレンドが大体10年後に浸透していく日本でも、コンプライアンスの観点から、経営層へのコーチングの必要性が、認識されてきています。 またデジタル機器を使いこなし、SNSで繋がるのが当たり前の若い世代は、アナログ的なコミュニケーションを苦手としがちです。彼らがチームリーダーとなる際にも、1対1のコーチングや、360度フィードバックをお手本として、自分の人との接し方や言動に、気づきや修正をもたらします。最近のシリコンバレーの起業家の名前を見ると、東欧、ロシア、インド、台湾など移民系が多い傾向にあ

気づきのキャリア(73) 今なぜ田中角栄ブーム? ビジネスパーソンにこそ求められる角栄流 “人心掌握術”

Study Hackerに寄稿しました。 最近、書籍や雑誌、テレビなどで田中角栄(1918-1993)が特集されることが多く、「田中角栄ブーム」が再燃していると言われています。なぜ今、田中角栄にこんなに注目が集まっているのでしょう? 若手のビジネスパーソンにとっては、田中角栄と言われてもピンと来ないかもしれません。田中角栄の活躍はすでに歴史上の出来事だし、田中角栄から何かを学ぶといっても自分とはスケールが違う。だいいち自分は政治家じゃない。田中角栄ブームなんて、政治に関心のある一部の人の間でだけ起きていることなのではないか。そう考える若い人は多いことでしょう。 しかし、田中角栄の政治哲学、人生哲学には、今のビジネスパーソンが学ぶべき要素が詰まっているのです。その理由は、高等小学校卒業という学歴ながら、総理大臣まで上り詰めた実績が語っています。彼は、強烈な人心掌握術を持っていました。また、膨大かつ明晰な知識と、徹底してやり抜く実行力から「コンピュータ付きブルドーザー」と呼ばれていたという話もあります。 「私が田中角栄だ。小学校高等科卒業である。諸君は日本中の秀才代表であり、財政金融の専門家ぞろいだ。私は素人だが、トゲの多い門松をたくさんくぐってきて、いささか仕事のコツを知っている。・・・・・・一緒に仕事をするには互いによく知り合うことが大切だ。われと思わん者は誰でも遠慮なく大臣室にきてほしい。何でも言ってくれ。上司の許可を得る必要はない。・・・・・・できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこの田中角栄が背負う。以上。」 (引用元:Spotlight|リーダ

気づきの書評(45)【書評】『マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力』

Study Hackerに寄稿しました。 いくら頑張っても、仕事の成果が上がらない。人一倍努力しているはずなのに、いつもライバルに先に行かれてしまう。そんなむなしい思いをした経験はありませんか。あるいは、「残業しないのは、努力不足だ」「時間をかければ、よい仕事になる」のような発想で、仕事の時間を延ばそうとしてはいませんか。 時間をかけて努力しても結果が付いてこないのは、あなたの努力が「いい努力」になっていないからかもしれません。ではここで自分に問いかけてみてください。あなたの努力は「いい努力」だと言えそうですか? 努力をしても成果が出ないことの背景にある問題は、「いい努力」とは何なのかを理解しないまま、知らず知らずのうちに「悪い努力」を積み重ねてしまっているということ。 この書籍では、世界有数のコンサルティングファームであるマッキンゼーで25年間に渡ってさまざまなプロジェクトをリードし、現場で無数の「成功」と「失敗」を目にしてきた著者が、成果をあげる「いい努力」とは何かについて解説します。 「とにかく時間をかける」「がむしゃらに頑張る」という「悪い努力」を続けると、せっかくの努力が「時間のムダ」になってしまいます。しかし、「悪い努力」のしかたで生産性の低い仕事を行ってきた場合でも、視点を変えるだけで、仕事の質を変える「いい努力」ができるようになるそうですよ。 努力をしないよりはしたほうがいい。仕事でも学びでも、努力は必要不可欠だ。それでも、「努力をすればいい」と思った瞬間、大事な点を見失ってしまう。問題は、労力やかけた時間ではなく、努力の質にある。 「いちばん手っ取り早いのは、

2年間コーチングブログを書いて気づいたこと

今日でちょうど2年間、コーチングブログを書いていることになります。全体の記事では約400、そのうち、質問が102、キャリア72、バリュ−49、書評45、映画20、講座16、若い人17、練習方法6、あとはその他になっています。すべてコーチングについてや、気づきについての記事ですが、まだ尽きることはありません。コツコツこれからも千ぐらいまで続けていこうと思います。 #コーチング

気づきの質問(104) 「あきらめていることはありますか?」

過去や、これまでの条件や環境から、何かをすでにできないことだと考えている人があります。その条件や環境が変わっていたり、影響を与える人がいなくなったりした場合、それを気づかせてあげることで、新しい行動を始められるケースがあります。 #気づきの質問

気づきの質問(103) 「何から始めますか?」

優先順位を聞く質問ですが、具体的な行動をイメージしてもらいます。課題について語ってもらってから、実際に何から始められるかを考えてもらいます。何ができるんだろうと思うことで、次にできることを約束してもらえます。 #気づきの質問

おすすめ
最近のポスト
過去のポスト
記事カテゴリー

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました