気づきの書評(51)【書評】『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』

気づきの書評(51)【書評】『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』 Study Hackerに寄稿しました。 皆さんのビジネスでの悩みはどんなことですか? 仕事をしていると、すべてが順調に進む日なんてほとんどないですよね。「顧客との会話がうまくいかない」「忙しくて、毎日の帰宅が終電になってしまう」といった悩みから、「この会社で生き抜くにはどうしたらいいのか」など様々な悩みがあると思います。そしてその悩みを解決するには、誰に相談したらよいのか、どんな本を読むべきなのか、どうするべきかわからないという人は多いのではないでしょうか。 今回紹介する『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』の著者である大杉潤氏は、入社1年目から、毎年300冊のビジネス書を読み続け、35年間で10,000冊以上の本を読破したそう。そして今でも1日1冊の読書を続けられています。 大杉さんは著書の中で、入社3年目くらいまでにビジネスパーソンが直面するであろう悩みや疑問を合計37つ取り上げ、ベストセラーから珠玉の1冊まで幅広いビジネス書から厳選した言葉を引用し、Q&A形式で解決しています。 『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』 (以下引用は本書より) 大杉さんが実際に読んだ10,000冊の中で、いわゆる良書と呼ばれるものを抜粋している上、「文章術」から「ノート術」、「時間術」「会話術」「営業術」「健康管理」「人生設計」まで、ビジネスにおける幅広い悩みを解決できる構成になっています。 著書の中で大

気づきの質問(121) 「あなたの成果は何ですか?」

プロジェクトの調整役になって、いろいろ周りの人に気をつかって、困っている若い社員に対しての質問です。もともとの自分の役割や、プロジェクトで期待されている成果が何なのかを考えてもらいました。やることw絞らなければいけないなと感じられたようです。 #気づきの質問

気づきのキャリア(86)意図のある世間話が心を開く。AI時代に必要なコミュニケーションの “センス”

Study hacker に寄稿しました。 みなさんは、世間話が得意ですか? もし「意味のない世間話はすべきではない」と考えたり、口下手だからという理由で世間話を避けているのであれば、それはとてももったいないことです。 「一生懸命商品の売り込みをしているのに、なぜかお客様に選んでもらえない」、「部下や後輩がなかなか指示通りに仕事をしてくれない」など、こんなに頑張っているのになぜか結果がついてこない、そんな悩みを抱えるビジネスパーソンの方、もしかして、会話を開始すると同時に本題に入っていませんか? そんなときは、本題に入る前にちょっとした世間話をしてみるのはどうでしょう。世間話をすることで、まずあなたの人柄を知ってもらうのです。 今回は誰にでもできる、世間話のコツを紹介します。 世間話はビジネスに有効である なにげない会話のキャッチボールである世間話は、無駄ではなく、コミュニケーションツールとして対人関係を円滑にする効果があります。たとえば、打ち合わせや会議で、すぐに本題に入ったり、強引に話を進めたりすると、ギクシャクした雰囲気になってしまいますが、「意図的な世間話」を挟むことで、より円滑で効果的な話し合いをすることができます。 また、どんなに能力があっても「とっつきにくい人」と思われてしまっては、周囲の信頼を得ることは難しいでしょう。「たかが世間話」と侮らないでくださいね。なにげない会話のやりとりから、「あの人はコミュニケーション能力が高い」と判断され、高い評価を受けることもあるのです。営業職に限らず、全ての職種において「意図的な世間話」は身につけておきたいスキルのひとつですね

気づきのキャリア(85)自宅では集中できない? 勉強が捗る自分用「ソト勉」環境を発見しよう!

Study hacker に寄稿しました。 みなさんが勉強や仕事をするとき、集中できる場所はどこですか? 自宅で勉強をしているけれど、誘惑が多くて机に向かい続けることが困難だという人も多いのではないでしょうか。自宅は自由空間ゆえ、何かに規制されることがありませんから、勉強や仕事をするための適度な緊張感を持続することが難しいようです。そんなときは、自宅外での学習スペースの確保をおすすめします。 最近は無料利用できるWiFi環境や電源を使える場所が増えたことにより、自宅以外でのワークスペースがかなり便利になりました。 そこで今回は、勉強や仕事に集中できる場所やコツを紹介します。 勉強や仕事がはかどる場所 勉強や仕事をする際、多少の雑音があるほうが集中力が増す人と、静かな環境に身を置いたほうが集中できる人がいると思います。自分がどういう環境だと集中できるのかを見極めて、集中力アップができるような場所を見つけてください。 - 図書館 利用するのにお金がかからないことや、雑音が少ないこと、参考文献になりそうな本が大量にある、などのメリットが挙げられます。また、周りには真剣に勉強をしている人がたくさんいるので、あなたのやる気も自然に引き出されることでしょう。 - カフェ、ファミリーレストラン、ホテルのロビーラウンジ、ファーストフード店 カフェのテラス席などは季節によってはとても気持ちがよいものです。また、ドリンクバーを設置している店がほとんどであるファミリーレストランは、ドリンクのおかわりをわざわざ注文する必要がありませんし、比較的安価なファーストフード店も使い勝手がよいのではないでしょう

気づきのキャリア(84)人を惹きつける人は何が違うのか。真田幸村に見る、人を惹きつける「自分の真価」の磨き方

Study hacker に寄稿しました。 2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』の放送によって、武将・真田幸村が大変注目を集めました。「関ヶ原の戦い」や「大坂の陣」の合戦で負けた側の将にありながら、なぜ、今なお、これほどまでに多くの人々を惹きつけるのでしょうか。柔軟でありながらも、恩や忠義を大切にし、己の保身を顧みず、戦局不利とわかっている場面であっても、武士の誇りを持ち続けながら、宿敵である徳川家康に果敢に挑んだ彼の生き方こそが、その人気の理由でしょう。 幸村の名を天下に知らしめた、大阪冬の陣・夏の陣を題材として書かれた、司馬遼太郎著の時代小説『城塞』の作中で、父親である真田昌幸の、幸村に向けた言葉があります。 「まず大坂城中の者が、そなたの才を信用せず、そなたの申すがように動こうとはしない。人間というものは過去から現在までの世間における履歴で事をなせるのだ」 (引用元:司馬遼太郎著(2002),『城塞(中)』,新潮社.) 幸村の父・昌幸の武勇はあまりにも有名でした。その子である幸村は、父の武勇を超えて評価される「結果」を示すことでしか大阪城内の信用を勝ち取ることができませんでした。そんな状況の中で奮闘した幸村は、出城「真田丸」の攻防を経て、見事、城内での信用を勝ち取ることに成功したのです。 幸村のように、逆境に負けず、結果を出すことは、私たちビジネスパーソンにとっても容易なことではありません。しかし、幸村の志を学ぶことで、どんなに不利な状況でも、嘆くことなく、自分を最大限に生かしていく心構えを身につけることができます。 柔軟な選択をする ビジネスパーソンであるみなさんは、

おすすめ
最近のポスト
過去のポスト
記事カテゴリー

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました