検索
  • Itagoshi Masahiko

コーチングと経験値共有力1


コーチングで、個人のモチベーションはあがっても、それが組織力になるのかという質問もよくあります。コーチングして、発奮して、やる気はでますが、チームとして成果をあげるには、経験値とスキルが速く共有できなければなりません。「これぐらいでわかるだろう」という上司からの教え方がなぜワークしないかをタスクレヴェルまで戻って分析してもらう必要があります。課題抽出から、本質を分析しながら、なぜそう判断したのか。その判断をどういかしたのじか、部門内の分析・行動・判断のタスクを分析して、要件定義することで経験値を類型化して、共有しやすくします。手間がかかりますが、どんな暗黙知な仕事も、経験=知識、スキル=評価、言葉の選択・ストーリー構成=手順と分解することで伝えることが理解しやすくなります。

#コーチング

0回の閲覧

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました