検索
  • Itagoshi Masahiko

気づきの講座(2) 勝屋久さん2 「受け取り力」


勝屋久さんの続きです。勝屋さんは、反面教師として自分がイヤに感じる人(決めつけて話す。上から目線。観念)には、自分のなかにもそういう部分があったことを感じます。それからイヤな人がいなくなったそうです。これは、コーチングのフィードバックで自分の悪い行動に気づくのに似ています。自分のネガティブな感情と向き合うのです。自分で気付けるひとは相当優秀ですが。もうひとつは、感謝を受け取る方が、謙遜してうけとらないよりも、相手によろこびを与えるということです。日本人は特に謙遜が好きなので、つい遠慮して、「イヤイヤ」、「私なんか」とか言ってしまうのですが、それよりも「ありがとうございます!」「うれしいです!」と言ってしっかり受け取った方がエネルギーが高くなるそうです。外人はたしかに、謙遜しませんね。

#気づきの講座

2回の閲覧

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました