検索
  • Itagoshi Masahiko

気づきの書評(16) 「上達の原則 」


上達するスポーツ選手の理由をを研究する東北大学教授が15年かけて見出した質の高い練習とやる気を無理なく持続させる“コツ”を、コーチングと共通するポイントをわかりやすく説明しています。特に、 部下の上達を手引きするところでは、1万時間をた達成するための、好きになってつづけさせる仕組みをまとめています。「教わると、その人がいないと不安になる。自分で納得したことなら自分でなおせる。自分を分析し、自分を知り、練習環境を自分でつくる。練習すると結果がついてくる仕組み。激しい環境では、目的と意味の理解が重要になる。常にものを考えさせると、だんだんわかるようになる。自己選択させる環境をつくる。小さな成功と心地よい体験を味あわせる。まわりがいるという関係性で一緒にやる仲間を見つける。具体的なシチュエーションを考える。上手い人は事実を理解して、修正が高い(ダルビッシュ)。解決しようとする前に外からどう見えるか考える。フロー・ゾーン(夢中になる)にはいる。命令するより問いかける。効果的に褒める。議論ができる雰囲気があるか。」などコーチングでの、目標設定と行動変革のための仕組みと共通しています。

#気づきの書評

0回の閲覧

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました