気づきのキャリア(5) インテルでの例2


これもインテルでの例なのですが、最年少でVPになった、Pat Gelsingarという人がいました。7人兄弟で、オランダ系の移民なのですが、根性と優秀さで、学士と修士をインテルで働きながら、とったすごい秀才で、アンディーグローブの再来ともよばれていました。

彼のキャリアに対する、考え方は現在にもあてはまります。

Ÿ

彼は30年間、常に学び続け、弱点をなおしてゆくことの大切さを説いています。

–1. Do a great job at whatever you are currently doing, even if you do not like it.(仕事では成果を出せ。その仕事が好きでもきらいでも。)

–2. At the same time, be learning the skills you need in order to do your next job well- wherever it is you want to be next.(同時に、次にの仕事に必要なスキル準備しはじめよ。いつなりたいとしても。)

アジアの女性作家

#気づきのキャリア

特集
最近のポスト