コンサルタントとコーチの違い


コンサルタントは、課題の抽出、戦略の構築、実行計画など、企業や組織の成果をだすための分析をします。ただ戦略を実行できるかどうかは、当該組織のやる気、リソース、能力や市場環境などに依存する場合が多いので、必ずしも実行できるわけではありません。戦略は正しいが、実行できなかった、あるいはリソース能力から正しい戦略ではなかったという場合があります。コーチは、まず課題や、やるべきオプションについてクライアントの意志を確認します。あくまでクライアントが自分で実行できる自信のある、目標、行動計画、それについての障壁などを気づいてもらいます。その際に、クライアントが意識していない、思考のカベの外の、可能性や過去のトラウマ、自分をしばっている成功体験などにも気づかせられるかが重要です。それを習慣化してもらうために必要な行動も含めて。コンサルタントは、マッキンゼーや、BCGのように、抜群の分析力、考察力と、クライアントよりも高い知見を要求されます。しかし、コーチはクライアントの知らない知識をかならずしも知っている必要はありません。客観的に、事実を伝えて、傾聴しながら、自信と勇気を与えて力づけることが一番

重要なので。

#コーチング

特集
最近のポスト
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました