コーチングのバリュー(7) 大塚家具の例


親(会長)が娘(社長)を訴えた大塚家具の例ですが、2代目の急進的なやり方に異議を唱えたケースです。同じような例で、一度は職を解かれた、星野リゾートの星野さん、日本交通の川鍋さんののケースでは、まず目に見える小さな実績を積んでからや、既存のやり方では無理があることが名実化してから、変革を実行しています。正論に見えても、心に訴える方式をふまないと、納得して変化に対応できないのです。親子でさえ納得できない事業継承場合、ガバナンスの観点から、冷静に自分の成功体験をふりかえさせ、固執させないエグゼクティブコーチングがもとめられる。それゆえ、フォーチュン500のほとんどのグローバル大企業は、コーチをつけることを経営層の条件にしています。

#コーチングのバリュー

特集
最近のポスト
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました