気づきの映画(7) ウォールストリート


映画ウォールストリートの主人公である、ゲッコーもコーチングを受けた時に、部下からの360度フィードバックが、0.1点だったそうです。100点満点です。それほど、成果主義で、人に厳しかったのでしょう。そのときの、エグゼクティブコーチであったマーシャルがが、「あなたは、変わりたいですか、もしこのままなら、あなたの葬式に来る人は、ビジネスの人だけですよ。」と聞いたそうです。彼は、よく考えて、家族にも評価をきいてみてくれと。家族からの評価も最低でした。そして、「私は、変わりたいと思う。息子のために。今のままだと、息子もそういう人間いになってしまうから。その兆しがある。」そして、1年後、彼の部下からの評価は、50点以上にアップしていました。そのまま、30年たって、彼の資産は、10000億円にもなりましたが、家族とは友好な関係がたもてている。とお礼の手紙が、毎年コーチにくるそうです。もし、あの時コーチングを受けて、自分の悪い行動を直せなければ、離婚していただろう。そうすると、慰謝料で半分とられるので、コーチングは500億円の価値があった(笑)と。

#気づきの映画

特集
最近のポスト
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました