気づきの講座(8)マーシャルゴールドスミス3「女性のエグゼクティブは、完璧さをもとめと自分を責める傾向がある。」


マーシャルは女性のエグゼティブの集まりにもよくコーチングしているのですが、二つ特徴があるといったいます。それは、完璧主義と自分を責めることだそうです。日本や、インド、中国などの国の女性のリーダーは、小さい頃から、娘として、嫁として、母として、立派にしなさいというプレッシャーのため、自分の幸福のために考える時間が非常にすくないそうです。二つの特徴として、1すべてに完璧でありたいと2罪悪感、罪に意識で自分を責める傾向があると、マーシャルゴールドスミスは言っています。自分の幸せを内省する時間と、まわりの幸せのバランスが大切ですね。そういった女性のエグゼクティブ向けの、マーシャルがやった10分間コーチングというのがありました。10分間だけ、周りの人の幸せや、頑張りではなく自分の幸せにについて考えてください。というと、その時間もなかったことに気づいて泣き出してしまう人もいました。自分が思い出すと悔しくて寝れないことを言った本人は寝られないということはないので、その人を好きになる必要はないが、自分を責める必要はないという話をゆっくりとはなします。自分が幸せでないと、まわりの人を幸せにできない。見ていて非常に関心したの

を覚えています。

#気づきの講座

特集
最近のポスト
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました