コーチングのバリュー(30)若手新入社員Kさんの場合


彼女は非常にやさしかったので、グローバル企業での競争や成果主義による解雇に胸をいためていました。自分のために成果をあげるよりも、まわりの人の成果をあげるのに貢献したいと思っていました。悩んだ結果、サポート中心で仕事をできる会社に移って行きました。自分が本当にやりたくて、心の幸福をたもてる環境を選んで、そこに移るための決断のあとおしができました。

質問の仕方 .jpg

#コーチングのバリュー

特集
最近のポスト