コーチングする前の注意に関するブログ記事をまとめました。

 

コーチングする前の注意(1)

コーチングを始める前にはなるべく、気を付ける点をおさらいしてから始めるのがよいです。特に、あまり質問を詰問のようにしないよう、ゆっくりと話しやすい雰囲気をつくること。誘導したり、偏見をもたず、中立的な立場で、相手に興味をもつようにします。相手が考えていること、思っていることに150%耳を傾けることができるか。具体的で圧倒的な成果をだしてもらうことなどを念頭においてすすめます。

 

そのほかには

•話す前に、自分の表情を和らげる訓練

•呼吸をおちつける

•ゆっくり話す。3倍ゆっくり。

•声のトーンを落とす

•アドバイスしていいかどうか聞く(アドバイスしていいですか?)

•スマイル!

•話を途中でさえぎらない、見透かさない

•怖い表情や堅苦しい雰囲気になっていないか

•相づちをうったり、うなずいたりして真剣に話しを聞いているか

 

コーチングをするまえの注意(2) コーチのエネルギー

コーチングする前の注意(1)では、クライアントを和らげるための態度やチェックリストなどをあげましたが、その前にコーチのエネルギーをフル充電しておくことが重要です。マーシャルゴールドスミスも、コーチングやセミナーの前には、ショータイムの歌を歌いながら、ダンスしてから始めるそうですし。羽生君を教えている、チームブライアンのトレーシーも、コーチがもっともエネルギッシュに楽しむので、教え子がつられて楽しくなり、集中力を増すといいいます。スキルや、人物観察、着眼点などもコーチには重要ですが、その前に、自分のエネルギーレベルが相手に影響をあたえられるほどあがっているか、コーチングの前に今一度確認しましょう。コーチングのあとは普通にもどってもよいですから!

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました