気づきの質問(160) 「事業評価の尺度を変えてみたらどうですか?」、「25機種本当に必要ですか?」

リソースが足りないのに、計画では25機種開発しなければならないという悩みでした。機種の数ではなく、別の評価指標を提案する。25機種の開発の仕方を見直して、他と強要したり、アウトソースできるものはないか考えてみてもいいのかなという気づきがありました。 #気づきの質問

気づきの質問(158) 「部下一人一人を全力で応援する時間と思われてはいかがですか?」、「1on1の時間って、部下を知る時間ですか?それとも部下に知ってもらう時間ですか?」

1on1面談をするようになったが、話が盛り上がらない部下と何を話して良いかわからないという課題でした。それまでは自分の話したいことばかりを伝えることしか意識しなかったが、部下のことをもっと知る、全力で応援するという言葉だ新鮮だったそうです。 #気づきの質問

気づきの質問(157) 「その課題をメンバーと共有されていますか?」、「—さんの課題とチームの課題は一致していますか?」

世代間ギャップがあり、どうも育成のスピードが遅いと感じられている悩みでした。確かに自分一人で悩んでいるので、同僚や他のメンバーがどう考えているので、具体的に聞いてみることがハッキリするのかなと思われました。 #気づきの質問

気づきの質問(156) 「——さんのために一つ自分を変えるとしたら何ですか?」、「——さんも辛いのではないですか?」、「——さんが満面の笑顔はどんな時に見られますか?」、「——さんが楽しそうに話してい

チームに自分とタイプが合わない、指示に従わない。何を考えているかわからないという悩みに対しての、気づきの質問例です。共通していることは、相手の立場や悩みに真剣に寄り添って考えているかというおことです。意外に仕草や表情、価値観、生い立ち・背景など知らないことが多いことに気づきます。 #気づきの質問

おすすめ
最近のポスト
過去のポスト
記事カテゴリー

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました