コーチングのバリュー(8) Change Management


最近M&Aや、合併、イグジットなどで、日本の中でも米国のようにちがう文化や慣習の会社がまざる例が増えてきました。特に、買収や合併される側の従業員は、これまでものミッションや仕組みがかわるので、自分たちがこれまでつちかった経験やいかされるか不安になったり、新しい方針が理解できなくて具体的にどうしたらよいかわからなくなってしまうのです。JALの例の稲盛さんのように、カリスマが新しい方針を、膝つき合わせて小集団で、腹落ちするまで話し合えるのが理想ですが、それだけの腹のすわった人材がいないところが緊急にやろうとすると、退職者や問題が増加します。みんなの課題や希望を見えるかして、個人の目標と会う形で風土改革を進める。このフォローアップにには、コーチングが有効なのです。

#コーチングのバリュー

特集
最近のポスト
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました