気づきの質問(27) 「必ず成功することが分かっていたら何をしましすか?」


やりたいことがあっても、過去の経験から自分で制約条件を付けているばあいがあります。そういったクライアントに、「もしなにも制約がなかった?」、「かならず成功したとしたら?」と思考の枠を広げてもらうことで、可能なオプションを広げてもらうのです。とくにこの質問は、自問自答よりも、第3者であるコーチがおこなうことで、よりはっきりします。

成功した女の子です。

#気づきの質問

特集
最近のポスト