コーチングのバリュー(14) 「バカヤロー、でも俺はお前のことを考えてるんだよ」ではつたわらない 2


もうすこし、ギャップの部分を中立的にみることの重要性について話します。スケートでは、自分では3回転をしてるつもりで、じつは2回転でしたよとデータや画像でみせてあげる必要があります。メンバーとの人間関係のなかで、この発言が刺激したのかな、とか、まえの会議で正論を話して攻撃してから、なんとなく気まずいと思っていても、実は別の理由であるかもしれません。チームとの関係を高めるには、個人のリーダーシップでやれることで(例えば傾聴や感謝)、まず個人を高めなければいけません。あの人を応援したいと思ってもらわないと、リーダーがいくらビジョンを語ってもうごかないのです。

関係.jpg

#コーチングのバリュー

特集
最近のポスト