コーチングのバリュー(20)コンサルタントEさんの場合


Eさんは、コンサルタントとして独立されて、自分の考えをまとめていく必要がありました。その際、コーチに自分の思いを伝え、言語してもらったり、自分の気づいていないポイントを、質問してほしかったそうです。月に1回ほど、コーチと話すことで、自分が考えていたことを明文化されたことがで、その部分に関する不安やもやもや感がはっきりしたそうです。優秀な人ほど、行動変革よりも、自分の考えを見える化してもらうためにコーチを利用することがあります。

スカウト運動

#コーチングのバリュー

特集
最近のポスト