気づきの書評(7) 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」


読んでみて初めて吉田所長の、分析力、行動力、統率力がわかる。著者門田氏は、吉田所長とその部下たちがいなければ、関東一帯がチェルノブイリのようになってにいたと解説している。海水を使って冷やす、ベントできるか考える。まるで、アポロ13のように極限状態の中で、可能性にかけるリーダーシップがわかります。特に、吉田所長のために死ねると思ったと、戦争状態な中で、「大きな」上司と、命がけの仕事ができたることを、部下が、幸せ、本望だと考える。まさに土壇場での究極のリーダーシップと人間模様を実名で語っています。

#気づきの書評

特集
最近のポスト
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました