気づきの講座(6)マーシャルゴールドスミス1 「コーチはクライアントよりも優秀である必要がない。」


マーシャルゴールドスミスの1日講座にを参加したことがあります。そのとき、1番気づきがあったのは、彼の「コーチはクライアントよりも優秀である必要がない。」という言葉です。「コーチが優秀で、クライアントが変化しないよりも、コーチがダメでもクライアントがよいほうに変化してくれた方がよいのだ。コーチのスキルが優秀でなければ、クライアントが変化しないと心配するのはコーチのエゴである。クライアントのことを1番に考えればそれがわかるはずだ。私は、フォードのCEOであった人間をコーチしたときにそれが分かった。私がコーチする回数と、クライアントが成果を出す関係が反比例しているのだ。優秀な人間ほど、すくない回数で結果を出している。それをみたときに、コーチの価値とは優秀な人間に気づきの結果を与えるにすぎず、それ以上を変えようとするのはコーチのエゴである。」確かにこう考えると非常に楽です。

#気づきの講座

特集
最近のポスト
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス

 

お電話&ファックス

電話番号:

ファックス:

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2020 気づきハッカーで作成されました