気づきのキャリア(23)つまづきの数と学びの数は比例する。


最初は「何をしてるんだろう俺は、つまづいてばっかりで。」みたいにうんざりします。でも、その現象ろ反応をじっくりかんがえると、「自分がやっていることがうまくまわっていない」と分かります。そうすると別のやり方を試してみる。それで「これはうまくいったな」と自然と学んでいきます。でも何もしないで、考えすぎると、最初の1歩がいつまでもでません。アップルや、Googleでも、英語で「Fail faster、早く失敗しろ」という言葉があります。失敗を早めにおこなうことで、いろいろ試行錯誤を繰り返す回数が増え、そのトライの短所を知り、より確度の高い試みができます。早めに失敗することで、学びの数が増えるのです。

撮影

#気づきのキャリア

特集
最近のポスト