コーチング コーチングの練習方法(3) インターバルコーチング


クライアントが課題を述べ、コーチ役の人が10分間コーチしたあと途中でインターバルを入れます。その際に、オブザーバーからのフィードバックやクライアントのこれまでの感想や、深堀してほしいことをきいたあとで、もう一度また10分間コーチングを始めます。途中で、一度見直すインターバルがあったことで、落ち着いてもう一度方針を変えてやりなおしたり、ペースをかえたりすることができます。目標がかわったり、ぐるぐるまわって、なかなか気づきがうまれていないときなどに、やりなおせるところがメリットです。

休憩を釣り

#コーチング

特集
最近のポスト
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square